Skip to content

ブリュッセル ポリフォニア合唱団コンサート

par admin, le 26 avr 2016

5月3日(火)20hに予定していました京都ゲヴァントハウス合唱団とのジョイントコンサートは、3月22日(火)に起きた爆弾テロ事件のため、キャンセルとなりました。
ブリュッセル ポリフォニア合唱団は、ベルギー・日本友好150周年を記念し、京都ゲヴァントハウス合唱団に代わる日本人演奏家をゲストに迎え予定通りコンサートを開催いたしますのでお知らせいたします。
多数の皆様のご来場をお待ち申し上げます。
日時:5月3日(火)20h30
会場:ブリュッセル市ドミニカン教会
Eglise des Dominicains
Avenue de la Resaissance 40
1040 Bruxelles
入場料:大人€18 (前売€15))
お問い合せ:中山
hiro.nakayama.bxl@gmail.com

par admin, le 21 avr 2016

桜の花が咲き乱れていたGalerie Ravensteinで、唄・アコーデオンの遠峰あこさんと、アコーデオンのたかさんのコンビでコンサートが開催れます。花は咲き終わっていますが、葉が出てきて、ギャルリーが自然と戯れている雰囲気の中、素敵なコンサートでお楽しみください。

日時:5月13日(金)16h(約45分間)
場所:ギャルリー ラヴェンシュタイン (Galerie Ravenstein)
ブリュッセル・中央駅からコンサート会場ボザールへ抜ける通り

●Aco+tacaプロフィール
Aco 遠峰あこ (唄、アコーディオン)
taca (アコーディオン)
2015年よりパリで活動開始。
ツインアコーディオンと唄で日本民謡や日本的オリジナルソングをJAZZ調のスタイルで奏でる。
パリを中心として、ヨーロッパ各国のライブハウスやイベント、メトロ、ストリートにて演奏。
オリジナルティーあふれるAco+tacaの世界は、唯一無二な存在感で大好評を得る。
2015年8月アルバム「とわのひかり」発売
2015年10月、リトアニアのジャパンフェスティバル「Made in japan」出演。
2015年11月、フランスの音楽フェスティバル「QUINTIN festival des Chanteurs de rue」出場。
coup de coeur賞受賞。

お花見しよう

par admin, le 5 avr 2016

ブリュッセル中央駅からボザールへ抜けるGalerie Ravensteinに80mに渡って桜の木が設置され、一気に花が咲き始めています。お出かけ時にのぞいてみてください。この桜は、年に2回花を付けるそうです。2回目の開花は11月ごろ。秋の紅葉の代わりにもう一度お花見ができるなんてうれしいことです。お見逃しなく。お花見だけでなく、イベントや物品展なども企画されています。今後もプチポワのサイトでご確認ください。

場所:Galerie Ravenstein
(ブリュッセル中央駅・ボザール間)

京都ゲヴァントハウス合唱団ジョイントコンサート キャンセル

par admin, le 27 mar 2016

5月3日(火)20hに公演を予定していました、京都ゲヴァントハウス合唱団ジョイントコンサートは、3月22日(火)に起きた爆弾テロ事件のため、キャンセルとなりました。ご了承ください。

プチポワ4月号に公演の案内を掲載していますが、印刷後にキャンセルが決定したので、修正できませんでした。

京都ゲヴァントハウス合唱団ジョイントコンサート

私達は、京都で教会音楽を中心に演奏活動を行っている合唱団です。
ベルギー・日本友好150周年記念行事の一環としてブリュッセル・ポリフォニア合唱団とジョイントコンサートを開催します。
オルガニストはブリュッセル在住の国分桃代さん。武満徹の「さくら」「小さな空」他日本の歌も演奏予定。
日時:5月3日(火)20h開演
会場:ブリュッセル市ドミニカン教会
Eglise des Dominicans
Avenue de la Renaissance 40
1040 Brussels
入場料:€15 (前売€12)
お問い合せ:中山
hiro.nakayama.bxl@gmail.com

映画「心の静寂(Le Cœur Régulier)」上映

par admin, le 25 mar 2016

日本が舞台となったフランス語+英語の映画です。

Olivier Adam著の小説「Le coeur régulier」を監督Vanja d’Alcantaraが最高の映画に仕上げました。

「アリス(Isabelle Carré) は、兄の死後、彼の軌跡を求めて東尋坊 (福井県) のふもとにある小さな村へと旅立った。ある「だいすけ」という名の日本人(國村準) の下で、彼女は平和を見つけたのだと、彼ナタン (Niels Schneider) は語った。亡くなった兄を求めて、あるときは敵であり、また、あるときは歓迎される奇妙な場所で、アリス自身が自分を再発見する。」

www.obrother.be

公開:4月20日(水)~
上映館:
Actor’s Studio Petite rue des Bouchers 16, 1000 Brussels
UGC Toison d’Or Avenue de la Toison d’Or 8 et 17, 1050 Brussels

 

朗読劇 キャンセル

par admin, le 25 mar 2016

4月22日(金)15hと18h30に予定していました日本の劇団「昴」による朗読劇「父と暮らせば」は、3月22日(火)に起きたザベンテム空港と地下鉄マールベーク駅での爆弾テロ事件のため、キャンセルとなりました。

プチポワ4月号には、「公演開催のお知らせ」として案内を掲載していますが、印刷後にキャンセルが決まったので、修正できませんでした。ご了承ください。

日本映画上映

par admin, le 4 mar 2016

ベルギー・日本友好150周年記念の行事として、日本映画が上映されます。ベルギーでは、なかなか見れない日本映画ですが、言葉の心配がなくストーリーが理解できますね。是非、お楽しみください。

A Room of Her Own

日時:3月16日(水)18h30
場所:Université Libre de Bruxelles (ULB)
AZ1 101 (bâtiment A, porte Z,101)
Campus du Solbosch
Avenue F.D. Roosevelt 50, 1050 Bruxelles
詳細:watanabe.shizuka@ulb.ac.be
入場:無料

 

 

 

ゲント日本映画祭

日時:3月9日(水)~13日(日)
場所:Studio Skoop Gent
Sint-Annaplein 63, 9000 Gent
Tel : 09 225 08 45
入場料:€9.50、子ども用映画€6.50

上映映画
3/9 酒の誕生
3/10 海月姫
3/11 恋人たち
3/12 眠れない夜の月、幻の光、トイレのピエタ
3/13 駆込み女と駆出し男

www.japan-square.be/filmfestival/