Skip to content

About

<プチポワの起源>

乳幼児を抱え見知らぬ土地に駐在した主婦5人が、同じ境遇にいる主婦の手助けになればと願い、自分たちの経験を活字にしました。これが出産育児をテーマにした記事、 “Bébé est là” の始まりです。当初 “Kermesse ケルメス” という情報誌にこの記事を掲載し始めましたが、“Bébé est là” シリーズの2作目でケルメスは廃刊に。 「これを機に自分たちで情報紙を作ってしまおう!」と1992年9月にプチポワ創刊号(1,000部)を 発行しました。文章を書き慣れていない素人が始めた情報紙は、当初全6頁のささやかなものでした。素人ゆえ感じる疑問や意見を大切にし、ベルギー生活に密着した情報紙作りを志し、また、手作りの良さが伝わるよう、名前は「情報誌」ではなく「情報紙」と敢えて「紙」にこだわりました。

1993年3月には、非営利団体 “PETITS-POIS a.s.b.l.” を設立し、ベルギーで法的に認証されました。

2017年現在、初心を忘れることなくベルギー在住主婦を中心に、毎月(月初め、8月は休刊) 1500部編集・発行されており、ベルギーに住む日本人の強い味方になっています。プチポワは、大使館領事部、日本人会をはじめレストラン、食料品店、企業など日本関係のお店などで無料で入手できます。