Skip to content

イベント

9月以降のイベント


ブリュッセル  https://visit.brussels
アントワープ  www.visitantwerpen.be
ブルージュ  www.visitbruges.be
ゲント  https://visit.gent.be
ルーヴェン  www.visitleuven.be
リエージュ  www.liege.be
ナミュール  www.namur.be

 

新型コロナウイルス(covid-19)のため、入館に関し規定があります。各ウェブサイトで入場条件をお確かめの上お出かけください。

●  I love Japan
www.europaexpo.be
日本ファンには見逃せない、伝統文化と現代要素がうまく融合している日本文化を紹介するイベント。帰国できなくてもこの展覧会で日本を味わうことができる。日本ファンの外国人にも紹介して、日本をより詳しく知ってもらう機会。入場券のSNCB/NMBSコードを利用してDiscovery Ticket(www.belgiantrain.be/en/leisure/discovery-ticket)を購入すると、乗車券が50%の割引になる。
日 時:開催中〜9月30日(金)、10h〜19h、休なし
場 所:Liège-Guillemins駅構内
Place des Guillemains 2, 4000 Liège
入場料:€15、65歳以上€13、学生€9
ファミリーチケット(大人2人+ 子ども2人)€43
追加子ども€6/人

●  Fête de la BD à Bruxelles 
https://fetedelabd.brussels
マンガに関する作品展示、講演会、書籍販売、アトリエなどが開催される。André Franquin作のMarsupilami(マルスピラミ)の誕生70周年を記念して、催しが繰り広げられる。同時にマンガキャラクターのバロンパレードや永井豪作のUFOロボ・グレンダイザー(Goldorak)の展覧会も行われる。
日 時:9月9日(金)〜11日(日)
9日(金)12h〜18h、10日(土)10h〜18h、11日(日)10h〜18h
場 所:Tour et Taxis
Avenue du Port 86c, 1000 Brussels
場 所:Musée de la Bande Dessinée
Rue des Sables 20, 1000 Brussels
入場料:無料

●  文化遺産の日
日頃見学することのできない施設や文化遺産に指定された建造物が一般に無料公開される日。
見学先などの詳しい情報は、各ウェブサイトで確認のこと。
フランダース地方 Open Monumentendag
www.openmonumentendag.be/belangrijke-data
日 時:9月11日(日) テーマ「持続可能性」
ワロン地方 Journées du Patrimoine
www.journeesdupatrimoine.be
日 時:9月10日(土)〜11日(日)テーマ「文化遺産と改革」
ブリュッセル Heritage Days
https://visit.brussels/en/sites/heritage
日 時:9月17日(土)〜18日(日)テーマ「植民地化の痕跡」

●  Brussels Design September
www.designseptember.be
ベルギーや世界各国からのプロ、アマチュアのデザイナーが、100カ所の文化施設や店舗で、家具、建築、オブジェをはじめグラフィックやテキスタイルなどの分野から現代アートの作品を展示する。期間中アトリエ見学、ワークショップ、講演会あり。各分野の参加デザイナーリストや開催場所など、詳しくは上記ウェブサイトで確認のこと。
日 時:9月13日(火)〜30日(金)
場 所:ブリュッセル市内各所

●  No Car Day
www.brussels.be/car-free-sunday
2003年より毎年実施されている、環境汚染や交通事故防止を啓発するために、1日中ブリュッセル市内での一般車の使用が禁止となる。時速25km以上のスピードが出る電動自転車も使用禁止である。また、いかなる場合も市内中心部のトンネルは通行禁止である。車が必要な場合は、事前に警察に届け、許可をもらうこと。タクシー、公共交通機関、警察などは徐行運転するため、路上では十分に注意が必要。STIB/MIVBは終日無料となる。
日 時:9月18日(日)9h30〜19h
場 所:ブリュッセル市19区全域

●  Eat Festival
www.visit.brussels/en/visitors/agenda/eat-festival
ベルギービールやボルドーワインを味わいながら、60名の有名シェフの美食を堪能できる。
eat ! BRUSSELS, drink ! BORDEAUXから趣向を変えて、食文化を堪能するフェスティバル。
日 時:9月29日(木)〜 10月2日(日)
木・金18h〜23h、土12h〜23h、日12h〜20h
場 所:Tour et Taxis
Rue Picard, 11, 1000 Brussels
入場料:€10 (早期予約に割引あり。飲食代別途料金)

●  Picasso & Abstraction
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/picasso-abstraction
パリのピカソ美術館協力の下、最初のキュビズムの実験から後期の作品まで、ピカソの作品と抽象美術の歴史とのつながりを示す主要な段階を取り上げ、ピカソの創造のプロセスをたどる。
日 時:10月14日(金)〜2月12日(日)
月〜金10h〜17h、土・日11h〜18h
場 所:Royal Museums of  Fine Arts of Belgium
Rue de la Régence 3, 1000 Brussels
入場料:€17、65歳以上€15、学生・18歳以下€7
10月13日までの前売りで€2安くなる

●    ブリュッセル市内ストリートアート
https://visit.brussels/en/article/street-art-in-brusselsa-reflection-of-citizens-concerns
新型コロナウイルス関連で、エッセンシャルワーカーの仕事に感謝の意を込めて市内の壁に描かれたアートを見に、散策してみよう。
場 所:医療機関で働く人たちへの感謝を込めた壁画
Rue de l’Abricotier 7, 1000 Brussels
Etterbeek-Ixelles病院で働く人たち
Rue Jean Paquot, 1050 Brussels
清掃局で働く人たち
ブリュッセル市内各所
自由と個人の人権を求めて活動するグループへの賞賛を込めて描かれた壁画を追ってみよう。
場 所:女性の権利
Rue Van Artevelde 112, 1000 Brussels
ゲイ・レズビアンの権利
Rue Saint Christophe 36, 1000 Brussels
正義(柱の金色=正義の重要性)と自由(青いモティーフ)
Rue des Quatre Bras 4, 1000 Brussels
人権に関する6カ所の壁画
Jetteの各所
差別の犠牲者への弔意(Georges Floydの壁画)
Avenue de la Reine と Rue des Palais Outre-Ponts, 1020 Brussels の交差点
特に若者の懸念の中心となっている環境問題。エコロジーと持続可能な社会への移行は、ブリュッセル市と関連セクターの優先課題となっている。
場 所:持続可能なエネルギー(原子力発電に反対する人)
Rue du Cirque 33, 1000 Brussels
スエーデン人若手エコロジストGreta Thunberg
Cité du Sureau 20, 1000 Brussels

●    Art Nouveau Maisons
www.explore.brussels/en/guided-tours/for-individuals/art-nouveau-mansions
ブリュッセル市内にあるソルベー邸、マックス・アレ邸、タッセル邸などアールヌーヴォー建築の建物をガイド付きで見学するコース。入場人数に制限があり、人気の建物の見学はキャンセル待ちなので、早めにチケットを予約するのが望ましい。
日 時:2022年末まで予約可。見学可能日はサイトで要確認。
場 所:ブリュッセル市内
入場料:見学場所により異なる。
事前に上記ウェブサイトから要予約

●    Comic Strip Walk
https://visit.brussels/en/article/the-walls-of-the-comicstrip-walk-in-detail
ブリュッセルの中心地には、あちこちに家の破風や壁をキャンバスにして描かれた漫画がある。散歩しながらコミックを楽しみに出かけよう。グランプラスにある観光案内所で、壁画散策コースの地図(€2.5)を購入して、お目当ての漫画を探してみよう。
例) Astérix / Asterix:Rue de la Buanderie 33-35
Lucky Luke:Rue de la Buanderie 19
Tintin / Kuifje / Tintin & Snowy:Rue de l’Etuve 35
日 時:通年
場 所:ブリュッセル各所
入場料:無料

●    Hôtel Solvay
https://hotelsolvay.be
これまで文化遺産一般公開日とプライベートイベント以外には見学できなかった、ヴィクトール・オルタが設計したソルベー邸の一般見学が週2回可能になった。アールヌーボー様式の装飾が施された建物内部はユネスコの世界遺産となっており、一見の価値あり。見学時間30分程度
日 時:毎週木・土10h〜15h
場 所:Avenue Louise 224, 1050 Brussels
入場料:€16、26歳未満の学生€12、12歳未満無料
事前に上記ウェブサイトから要予約

● Joseph Kosuth 〜La signification, L’emplacement du mot dans un champ grammatical〜
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/joseph-kosuth
概念的な動きの先駆者であるアメリカ人アーテイストのKosuthは、ベルギー人画家マグリットの崇拝者で、彼に敬意を払い、«The meaning, The location of the word in a grammar field»と題して、マグリット美術館に作品を常設している。
日 時:常設 火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h、月・1/1・1/14休
場 所:Musée Magritte / Magritte Museum 地下2階
Place Royal 1, 1000 Brussels
入場料:無料