Skip to content

イベント

11月以降のイベント


ブリュッセル  https://visit.brussels
アントワープ  www.visitantwerpen.be
ブルージュ  www.visitbruges.be
ゲント  https://visit.gent.be
ルーヴェン  www.visitleuven.be
リエージュ  www.liege.be
ナミュール  www.namur.be

 

新型コロナウイルス(covid-19)のため、入館に関し、マスクを着用のこと、入場券は事前ネットからの購入か、窓口でカード支払いのみで行えます。入り口に殺菌用ジェルが置いてありますので、手を除菌してから入館してください。また、観覧中は、他人との距離を1.5m以上に保って移動してください。入館人数は制限されますので、あらかじめご理解ください。

入場には、Covid Safe TicketとIDカードが必要な場合があります。各ウェブサイトで入場条件をお確かめの上お出かけください。

●  Bright Brussels – Festival of Lights
https://bright.brussels
10日間夜にブリュッセルの街をライトで照らし、2つのルートに美術作品が展示される。他に関連行事としてガイドツアーや美術館の夜間開館、夜間のショッピングやグルメ・コーナーなどもある。
日 時:開催中〜11月6日(土) 19h〜23h
場 所:Roya quartier, quartier Européen
Parc du Cinquantenaire
入場料:無料

●    Cocoon
www.cocoon.be
家具、装飾品、照明器具、カーテン、じゅうたんなどのインテリアの見本市。寒さを快適に過ごすための工夫がなされた、ベルギー家庭の冬場のすてきなインテリアに出会える。要事前申し込みのワークショップでアイディアを得て、我が家をイメージチェンジできる。関連商品販売コーナー、地下室に作るバー例や冬場のテラスでの過ごし方をも紹介する。
日 時:11月19日(金)〜22日(月)
金11h〜22h、土・日・月11h〜20h
場 所:Brussels Expo (Heysel)
Palais / Paleizen 2, 4
Place de Belgique 1, 1020 Brussels
入場料:€10、12歳未満無料、上記ウェブサイトからも予約可

●  Winterland Hasselt
www.winterland.be
80店舗以上が出店し、クリスマス気分を楽しめる。室内スケートリンクも併設。大観覧車、サンタの家、お化け屋敷、グランドカフェなどがある。12月31日(18h30〜02h、大人€60、12歳未満€40)年末パーティーを開催。上記ウェブサイトから要予約。 食べ物、飲み物、アイススケートを含むバウチャーも事前にウェブサイトから予約できる。
日 時:11月20日(土)〜1月9日(日)
クリスマス村 毎日10h〜22h、グランドカフェ〜24h
12/24 〜18h、12/25 14h〜、12/31 〜02h、1/1 13h〜
場 所:Kolonel Dusartplein

●  Grand Marché de Noël à Kraainem
www.archeosexpo.be/2021-grand-marche-de-noel-de-kraainem
8年続いたボワフォールでのクリスマス市がクライネムに引っ越し開催される。クリスマスプレゼントをはじめ、クリスマスデコレーションや小物、アクセサリーなどを購入しながら、クリスマス市を楽しめる。
日 時:12月3日(金)〜5日(日)
金13h〜22h、土11h〜22h、日10h〜19h
場 所:Kraainem Event (元スポーツセンター)
Arthur Dezangrélaan 109, 1950 Kraainem
入場料:無料 

●  EUROPALIA 〜近代への軌道〜
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/europalia
1820年イギリスに、次いで1835年にベルギーに登場した鉄道が社会を変え、風景を変え、人々の内面を変えていくことを描いたモネ、カイユボットらの印象派、セヴェリーニ、カッラ、ボッチョーニらの未来派、マックス・エルンスト、デ・キリコ、デルヴォー、マグリットなどのシュールレアリズムの作品を展示する。1950年以降このテーマへの関心は薄れたが、近代化と環境との調和が求められる時代になって再び見直されている。子どもから大人まで参加できるアトリエ、講演会、ガイドツアー、関連映画上映も同時開催。
日 時:開催中〜2022年2月13日(日)
火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h、
12/24、12/31〜14h
1/1、5/1、11/1・11、12/25、1月第2木、月休
場 所:ベルギー王立美術館
Rue de la Régence 3, 1000 Brussels
入場料:€17、65歳以上€15、26歳未満の学生・6歳〜18歳€8
6歳未満無料

●  David Hockney : Works from the Tate Collection, 1954-2017
www.bozar.be/en/calendar/david-hockney-works-tate-collection-1954-2017
テートギャラリー所蔵のHockneyの素晴らしい作品の数々を集めた展覧会。『私の両親』、『クラークとパーシー夫妻』など有名な作品から彼の才能が伺える。同時開催の「David Hockney: the Arrival of Spring, Normandy, 2020 」も同チケットで鑑賞可。Covid Safe Ticket不要
日 時:開催中〜2022年1月23日(日)10h〜18h、月休
場 所:BOZAR/Centre for Fine Arts
Rue Ravenstein 23, 1000 Brussels
入場料:€20、65歳以上€18、30歳未満€10、6歳未満無料

●    ブリュッセル市内ストリートアート
https://visit.brussels/en/article/street-art-in-brusselsa-reflection-of-citizens-concerns
新型コロナウイルス関連で、エッセンシャルワーカーの仕事に感謝の意を込めて市内の壁に描かれたアートを見に、散策してみよう。
場 所:医療機関で働く人たちへの感謝を込めた壁画
Rue de l’Abricotier 7, 1000 Brussels
Etterbeek-Ixelles病院で働く人たち
Rue Jean Paquot, 1050 Brussels
清掃局で働く人たち
ブリュッセル市内各所
自由と個人の人権を求めて活動するグループへの賞賛を込めて描かれた壁画を追ってみよう。
場 所:女性の権利
Rue Van Artevelde 112, 1000 Brussels
ゲイ・レズビアンの権利
Rue Saint Christophe 36, 1000 Brussels
正義(柱の金色=正義の重要性)と自由(青いモティーフ)
Rue des Quatre Bras 4, 1000 Brussels
人権に関する6カ所の壁画
Jetteの各所
差別の犠牲者への弔意(Georges Floydの壁画)
Avenue de la Reine と Rue des Palais Outre-Ponts, 1020 Brussels の交差点
特に若者の懸念の中心となっている環境問題。エコロジーと持続可能な社会への移行は、ブリュッセル市と関連セクターの優先課題となっている。
場 所:持続可能なエネルギー(原子力発電に反対する人)
Rue du Cirque 33, 1000 Brussels
スエーデン人若手エコロジストGreta Thunberg
Cité du Sureau 20, 1000 Brussels

●    Art Nouveau Maisons
www.explore.brussels/en/guided-tours/for-individuals/art-nouveau-mansions
ブリュッセル市内にあるソルベー邸、マックス・アレ邸、タッセル邸などアールヌーヴォー建築の建物をガイド付きで見学するコース。入場人数に制限があり、人気の建物の見学はキャンセル待ちなので、早めにチケットを予約するのが望ましい。
日 時:2021年末まで予約可。見学可能日はサイトで要確認。
場 所:ブリュッセル市内
入場料:見学場所により異なる。
事前に上記ウェブサイトから要予約

●    Comic Strip Walk
https://visit.brussels/en/article/the-walls-of-the-comicstrip-walk-in-detail
ブリュッセルの中心地には、あちこちに家の破風や壁をキャンバスにして描かれた漫画がある。散歩しながらコミックを楽しみに出かけよう。グランプラスにある観光案内所で、壁画散策コースの地図(€2.5)を購入して、お目当ての漫画を探してみよう。
例) Astérix / Asterix:Rue de la Buanderie 33-35
Lucky Luke:Rue de la Buanderie 19
Tintin / Kuifje / Tintin & Snowy:Rue de l’Etuve 35
日 時:通年
場 所:ブリュッセル各所
入場料:無料

●    Origami for Life
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/origami-for-life
ベルギー人デザイナーCharles Kaisinによる折り紙で作られた2万羽の鶴が美術館入り口に展示される。彼はCovid-19がまん延し始めた昨年3月に、一般の人に鶴を折って彼に送るよう依頼し、集まった折り紙と同時に寄せられた寄付金はCovid-19の研究に役立てられることになった。ブリュッセル各地やパレ・ドゥ・トーキョー(パリ)に飾られた鶴が、再びブリュッセルで展示される。
日 時:開催中〜12月31日(金)
火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h、月休
場 所:Musées royaux des Beaux-Arts de Belgique /
Koninklijke Musea voor Schone Kunsten van België
Rue de la Régence 3, 1000 Brussels
入場料:常設展入場券で鑑賞できる。
€10、65歳以上€8、19歳以上25歳未満€3、18歳以下無料
第一水曜日13時から入場無料
事前に上記ウェブサイトから要予約

●    Napoleon – beyond the myth
www.europaexpo.be/web/index.php/en
フランス革命後の混乱を収拾し、軍事独裁政権を樹立したナポレオン・ボナパルトの死後200年を記念して、神話を超えて彼の多面にわたる人柄を紹介する。彼は、ワーテルローの戦いでベルギーの地を踏んだ人物でもある。
日 時:開催中〜2022年1月9日(日)9h45〜19h30、無休
場 所:国鉄リエージュ・ギユマン(Liège-Guillemins)駅校内
入場料:大人€17、65歳以上€15、7歳以上〜18歳未満・学生€11
7歳未満無料
家族(大人2人+子ども2人)€50(子ども3人目から+€6)
事前に上記ウェブサイトから要予約

●    A Passage to Asia
www.bozar.be/en/activities/173255-a-passage-to-asia
インターネットのビジュアルサイトからアジアとヨーロッパの文化交流を見る新しい企画。昔から政治と経済の行き来を通して育ま
日 時:開催中〜2022年3月7日(月)
場 所:インターネット https://passagetoasia.euから
入場料:無料

●    Hôtel Solvay
https://hotelsolvay.be
これまで文化遺産一般公開日とプライベートイベント以外には見学できなかった、ヴィクトール・オルタが設計したソルベー邸の一般見学が週2回可能になった。アールヌーボー様式の装飾が施された建物内部はユネスコの世界遺産となっており、一見の価値あり。見学時間30分程度
日 時:毎週木・土10h〜15h
場 所:Avenue Louise 224, 1050 Brussels
入場料:€16、26歳未満の学生€12、12歳未満無料
事前に上記ウェブサイトから要予約

● Joseph Kosuth 〜La signification, L’emplacement du mot dans un champ grammatical〜
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/joseph-kosuth
概念的な動きの先駆者であるアメリカ人アーテイストのKosuthは、ベルギー人画家マグリットの崇拝者で、彼に敬意を払い、«The meaning, The location of the word in a grammar field»と題して、マグリット美術館に作品を常設している。
日 時:常設 火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h、月・1/1・1/14休
場 所:Musée Magritte / Magritte Museum 地下2階
Place Royal 1, 1000 Brussels
入場料:無料