Skip to content

イベント

7月以降のイベント


ブリュッセル  https://visit.brussels
アントワープ  www.visitantwerpen.be
ブルージュ  www.visitbruges.be
ゲント  https://visit.gent.be
ルーヴェン  www.visitleuven.be
リエージュ  www.liege.be
ナミュール  www.namur.be

 

● Foire du Midi / Zuidfoor
http://zuidfoor.be
www.bruxelles.be/foire-du-midi
ブリュッセル南駅近くで開催される夏恒例の移動遊園地。130のアトラクションが老若男女を楽しませてくれる。13日(土)15hにPorte de Hal / Hallepoortでオープニングセレモニーがあり、ファンファーレをはじめ、風船のプレゼント、観光電車の運行など子どもや大人が楽しめる催しがたくさんある。
期 間:7月13日(土)~8月18日(日)
平日15h~1h、週末・祝日の前日15h~2h
場 所:Boulevard du Midi, 1000 Brussels
Porte de Hal / Hallepoortのパーキングは、平日の15h~と週末€3
www.fete-foraine.beに割引券あり、印刷して当日利用のこと

● 王宮一般公開
https://www.monarchie.be/fr/agenda/science-et-culture-au-palais-royal-de-bruxelles-ouverture-au-public
日頃見学できないブリュッセル市中心部の執務用宮殿(ルイ16世様式)が一般公開される。
期 間:7月23日(火)~8月25日(日)10h30~15h45、月休
場 所:Place des Palais, 1000 Brussels
入場無料

● メイブーム Meyboom
www.meyboom.be
ブリュッセル最古の祭り。ビールにかけられた税金を下げるため、ブリュッセルとルーヴァンとの間でサンザシを17hまでに植えた方が勝ちと決められ、1308年以降「聖ローランの日」の前日にあたる8月9日に、マンガ博物館近くの角にサンザシを植えるイベントが行われている。グランプラスでブラスバンドやユネスコ無形文化遺産に登録されている巨人人形のパレードもある。
日 時:8月9日(金) 13h
場 所:Rue des SablesとRue du Maraisの角から出発
ブリュッセル・グランプラス

● Flowertime
www.flowertime.brussels
2年に一度開催されるフラワーカーペットのない年に開催される花の祭典。グランプラスをはじめ市庁舎が彩り豊かな花で飾られる。
日 時:8月14日(水)~18日(日)
14日13h~19h、15日~18日8h~22h
場 所:ブリュッセル市庁舎とグランプラス
入場料:€8、10歳未満無料

● Japanse Tuin (ハッセルト日本庭園)
www.visithasselt.be/en/japanese-garden-1
茶室あり、滝あり、桜ありと庭園内はベルギーの中の日本。季節ごとのイベントがあり、懐かしい日本を満喫できる。弁当を持参して出かけ、日本風の花見や菊人形祭りなどもここなら存分に味わえる。
日 時:開催中~ 11月3日(日) 10h〜17h、祭日13h〜17h、月休
場 所:Japanse Tuin
Gouverneur Verwilghensingel 23, 3500 Hasselt
入場料:大人€6、65歳以上€4.50、学生€1
12歳以下・コスプレーヤー・着物着用者など無料

● Agnès Guillaume
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/agnes-guillaume
音楽家の彼女は、2010年にビデオ芸術をはじめる前に劇と執筆の分野を開拓した。これら分野の開拓のおかげで、彼女のビデオ作品には内省的で象徴的な要素が精巧に盛り込まれている。
日 時:開催中〜7月28日(日)
火〜金10h 〜17h、土・日11h 〜18h、月休
場 所:Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgique
Bernheim Room
Rue de la Régence 3, 1000 Brussels
入場料:常設展の入場券所持者は無料

 Thomas Lerooy
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/thomas-lerooy
彫刻とデッサンで著名なベルギー現代アーティストの絵画作品を、はじめて公開する。彫刻から来る影響と、リアリズムと非現実をうまくミックスした彼の作品は、個性を大いにアピールしている。作品内には、柔らかい筆の動きがあちこちに見られ、時に感動的、刺激的、忘れることのできない作品が我々を魅了する。
日 時:開催中〜8月18日(日)
火〜金10h 〜17h、土・日11h 〜18h、月休
場 所:Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgique
Bernheim Room
Rue de la Régence 3, 1000 Brussels
入場料:常設展の入場券所持者は無料

● べルギービールウィークエンド
www.belgianbrewers.be/en/news/latest/article/belgian-beer-weekend
ベルギー国内には大小200以上のビール醸造所があり、5万人が醸造に携わっている。それらの醸造所が良心的な価格で350種余りのビールを販売する。一般には入手しにくい銘柄もあるので、ビールファンだけでなく、滞在の記念にベルギーの地ビールを味わうチャンス。ビールの販売のみなので、おつまみ持参をお勧め。公共交通機関で出かけましょう。
日 時:9月6日(金)~8日(日)
金18h~21h45、土11h~20h45、日11h~19h45h
場 所:ブリュッセル・グランプラス
Grand Place, 1000 Brussels
入場料:無料、ビール購入にはデポジットが必要
参考記事:www.petits-pois.be/ブリュッセルビールウイークエンド

● Musée BELvue / Museum BELvue
www.belvue.be
改装工事を終え、新規オープンする博物館。民主主義、経済繁栄、連帯、多元性、移民、言語、ヨーロッパの7テーマをもとにベルギーの歴史を語る。
期 間:開催中~2019年12月31日(火) 火~金9h30~17h、土・日10h~18h
場 所:Place des Palais 7, 1000 Brussels
入場料:€7、€12(含Coudenberg)