Skip to content

イベント

2月以降のイベント


ブリュッセル  https://visit.brussels
アントワープ  www.visitantwerpen.be
ブルージュ  www.visitbruges.be
ゲント  https://visit.gent.be
ルーヴェン  www.visitleuven.be
リエージュ  www.liege.be
ナミュール  www.namur.be

 

● Foire du Livre de Bruxelles
https://flb.be
ベルギーだけでなくフランス、ルクセンブルグ、カナダなどフランス語圏からの大人から子ども向きまでの本の見本市。作家とのコミュニケーションもある。
日 時:2月14日(木)~17日(日)10h~19h、金10h~22h
場 所:Tour & Taxis
Avenue du Port 86c, 1000 Brussels
入場料:無料(上記ウェブサイトから要登録)

● Batibouw 2019
www.batibouw.com
建築・リフォームに関するフェア。DIY好きのベルギー人には欠かせない大工用具をはじめ、改装に必要な情報が見本とともに展示されていて、台所・浴室・寝室・リビング・ベランダ・テラスなど、ベルギーの個人宅をのぞくチャンス。
日 時:2月23日(日)~3月3日(日) 10h〜18h30、28日(木)10h〜22h
場 所:Brussels Expo (Heysel)
Place de Belgique 1, 1020 Brussels
入場料:€12.50、6歳〜12歳€6、6歳未満無料、カタログ€3、平日の15h以降€7
上記ウェブサイト購入€10.50、入場料+カタログ€13

● 映画 The Man with the Golden Arm「黄金の腕」
www.flagey.be/en/activity/5530-the-man-with-the-golden-arm-otto-preminger
アメリカの映画監督が初めて取り上げた、麻薬をテーマにした作品の公開。フランク・シナトラ主演の1956年作品、英語放映、字幕フランス語。
日 時:2月26日(火)17h30
場 所:Flagey, Studio 5
Place Sainte Croix, 1050 Brussels
入場料:€7、65歳以上・26歳未満€5.50

● 死んだねずみの舞踏会 〜 Bal Rat Mort
www.visitoostende.be/fr/bal-rat-mort-2019
ベルギー人画家ジェームズ・アンソール(James ENSOR)が、パリのモンマルトルにあるキャバレー«Le Rat Mort»(死んだネズミ)の名を取った舞踏会を演出したのがきっかけ。19世紀後半に町の慈善団体が始めた舞踏会で、100年以上続いている。入場者はテーマに合わせて仮装してお出かけのこと。
日 時:3月2日(日)20h
場 所:Kursaal Oostende
Kursaal-Westhelling 12, 8400 Oostende
入場料:€25(www.kursaaloostende.be/nl/balratmort2019)
テーマ:ハリウッドの黄金時代〜レッドカーペット版〜

● バンシュのカーニバル 〜 Carnaval de Binche
www.carnavaldebinche.be
2003年ユネスコ無形文化遺産に指定された由緒あるカーニバル。カーニバルに参加する約1,000人のジルは、少なくとも5年以上バンシュに居住する男性でなければならない。ハイライトは、最終日マルディグラ15hからのオレンジ投げ。ダチョウの帽子をかぶったジルが街を練り歩き、オレンジを投げて1年の幸運を祈る。悪天候であれば、この高価な帽子はかぶれない。当日車の乗り入れは禁止なので、途中まで車で移動し、その後に電車に乗り換える、または最初から列車でのお出かけをお勧めする。
日 時:3月3日(日)~5日(火)
場 所:Binche市内
入場料:無料
参考プチポワ記事:
www.pet its-pois.be/PDF/2017/02fev r ier2017/pet its_pois_2017_02_page05_carnaval.pdf

● クワーメのカーニバル 〜 Carnaval de Malmedy
http://walloniabelgiumtourism.co.uk/en-gb/content/carnival-cavarme-de-malmedy
教会から排斥された異教徒の儀式のなごりであるクワーメ(Cwarmê)のカーニバルの解説、歌などは、すべてワロン語で行われる。土曜日12hに太った警官の開会宣言から始まり、Haguèteと呼ばれるカーニヴァルの主役たちが踊り歩くパレードへと続く。
日 時:3月2日(土)~5日(火)
場 所:Malmedy市内
入場料:無料

● アールストのカーニバル 〜 Aalst Carnaval
www.aalstcarnaval.be
ベルギー最大のカーニバルと呼ばれるほど街をあげての大騒ぎとなる。最終日の15hからは、女性が男装し、男性が女装してパレードを行い、この日のために会社を休む人も大勢いるとか。
日 時:3月3日(日)~5日(火)
場 所:Aalst市内
入場料:無料

● Maurice Wyckaert展 Inner Landscapes
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/maurice-wyckaert
ブリュッセル美術学校とウォルエー・サン・ランベールのアトリエで学んだのちJean Brusselmansのスタイルを引き継いだ カリグラフィーの要素のある、フランダース表現主義のリリカル・アブストラクション派の抽象画家。
日 時:開催中~3月24日(日)
火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h、月休
場 所:Royal Museums of Fine Arts of Belgium
Rue de la régence 3, 1000 Brussels
入場料:常設展チケットを持っていれば無料

● Backside, fashion from behind
www.fashionandlacemuseum.brussels
背中部分に装飾されている衣装を紹介する。パリのオートクチュール、プレタポルテをはじめ、コンテンポラリーな装飾やユニホーム、ストライキジャケットなども集めている。
日 時:開催中~2019年3月31(日)10h〜17h
月・1/1・5/1・11/11・12/25休
場 所:Musée Mode & Dentelle / Mode & Kant Museum
Rue de la Violette 12, 1000 Brussels
入場料:大人€8、シニア€6、学生€4、18歳未満無料

● Musée BELvue / Museum BELvue
www.belvue.be
改装工事を終え、新規オープンする博物館。民主主義、経済繁栄、連帯、多元性、移民、言語、ヨーロッパの7テーマをもとにベルギーの歴史を語る。
期 間:開催中~2019年12月31日(火) 火~金9h30~17h、土・日10h~18h
場 所:Place des Palais 7, 1000 Brussels
入場料:€7、€12(含Coudenberg)