Skip to content

イベント

10月以降のイベント


ブリュッセル  https://visit.brussels
アントワープ  www.visitantwerpen.be
ブルージュ  www.visitbruges.be
ゲント  https://visit.gent.be
ルーヴェン  www.visitleuven.be
リエージュ  www.liege.be
ナミュール  www.namur.be

 

新型コロナウイルス(covid-19)のため、ベルギー全国に外出禁止令が出ていましたが解除され、美術館・博物館は開館されています。入館に関し、マスクを着用のこと、入場券は事前ネットからの購入か、窓口でカード支払いのみで行えます。入り口に殺菌用ジェルが置いてありますので、手を除菌してから入館してください。また、観覧中は、他人との距離を1.5m以上に保って移動してください。入館人数は制限されますので、あらかじめご理解ください。

また、今後の情報は、主催者のウェブサイトで確認の上お出かけください。

● Bruxelles Piano Festival
www.brusselspianofestival.com
毎年10月火曜日にブリュッセル市庁舎ゴシックホールで行われるピアノコンサート。世界各国から選ばれた著名なピアニストの演奏を目の当たりにすることができる、貴重なコンサート。今年は3回に渡り開催される。
日 時:10月6, 13, 20日(火)19h30
場 所:ブリュッセル市庁舎ゴシックホール
Grand Place, 1000 Brussels
入場料:€15(必要席数、希望日、メールアドレスをReference欄に記載の上、BE95 9730 7181 1558に料金を事前に支払う。
メールにて確認の連絡あり)
演奏者:
6日 Alberto Ferro(イタリア)
13日 Olivier Gardon(フランス)
20日 Michaël Levinas(フランス)
演奏曲目は、上記ウェブサイト参照のこと。

● Tinus Vermeersch – Hide
www.hopstreet.be/archives/time/current-3
Tinus Vermeerschの陶磁器小物を中心とした作品展。タイトルなしの作品が多く、観客が独自にタイトルをつけて、作品を楽しむことができる。
日 時:開催中〜10月24日(土) 木〜土13h〜18h、日〜水休
場 所:Hopstreet Gallery
Rue Saint-Georges 109, 1050 Brussels

● Ulrike Bolenz – Der ewige Mensch
www.huskgallery.com/exhibitions/15
ドイツ系ベルギー人のアーティストUlrike Bolenzは彼女の選んださまざまな現代のテーマに対して明確な社会批判を展開し、人間の尊厳、個性、決断力を浮き上がらせる。絵画、インスタレーション、彫刻にデジタルメディアを使用・編集して多層的な作品を創作し、今日の社会問題を探求する。
日 時:開催中〜10月24日(土) 木〜土13h〜18h、日〜水休
場 所:Husk Gallery
Chaussée de Waterloo 690/12, 1180 Brussels
入場料:無料

●    PARADE – Koenraad Tinel
www.koenraadtinel.be/actueel.php?item=60
昨年生地ゲントでUDSJUENという個展を開催した現代アーティストKoenraad Tinelが、今年はブリュッセルで彫刻を中心とした作品を紹介する。
期 間:開催中〜11月1日(日)
火〜金11h〜18h、土・日14h〜18h、月休
場 所:Tours & Taxis, Gare Maritime
Avenue du Port 86C, 1000 Brussels

●    Ana Torfs
www.bozar.be/en/activities/160085-ana-torfs
芸者、顔を隠した男、鳥人、大きな手を持つイリュージョニストなど顔のない人物のシリーズに、多色ライトの抽象的な設定をして、作品を印象づけている。
期 間:開催中〜11月1日(日) 火〜日10h〜18h、月休
場 所:BOZAR Centre for Fine Arts
Palais des Beaux-Arts / Paleis voor Schone Kunsten
Rue Ravenstein 23, 1000 Brussels
入場料:無料(上記ウェブサイトより、入場チケットを要申請)

●    Bruegel, a poetic experience
www.atomium.be/expo_bruegel?lang=en
16世紀の巨匠ピーター・ブリューゲルの没後450年を記念して、40歳でこの世を去った彼が、農民の生活を中心に描いた作品の紹介とともに、当時の世界に入り込んだような仕掛けの中で、作品を観賞できる。アトミウム内も同時に見学できる。
日 時:開催中〜11月15日(日)10h〜18h
場 所:Atomium
Place de l’Atomium 1. 1020 Brussels
入場料:18歳〜64歳€16、65歳以上€14
115cm〜17歳・学生€8.5
ミニヨーロッパとのコンビチケットもある

●    Claude Monet   l’experience immersive / een totaalbeleving
www.expo-monet.be
クロード・モネの300以上の芸術作品をデジタルアートの技術を使って、360度の角度から映像を投射して感動を与える。
バーチャル・リアリティー機器(€2)を使って、パリ郊外のGivernyだけでなく、ロンドン、オランダ、ノルウェーにある作品をも鑑賞することができる。
日 時:開催中~1月3日(日)10h~18h、火休
場 所:Galerie Horta
Rue du Marché aux Herbes 116, 1000 Brussels
入場料:大人€14.50、4歳〜17歳€9.50、4歳未満無料、ファミリーパス€39(大人2人+子ども2人)、学生・65歳以上€11.50

● Choco Story Brussels
https://choco-story-brussels.be
チョコレートの国ベルギーで、チョコを食べるだけでなく、歴史やカカオ豆の産地について学んで、チョコレートに詳しくなれる。試食、購入可。
期 間:通年10h~18h
場 所:Choco-Story Brussels
Rue de l’étuve 41, 1000 Brussels
入場料:€9.50、65歳以上・12歳以上〜18歳未満€8.50
6歳以上〜12歳未満€6.50、6歳未満無料

● Joseph Kosuth 〜La signification, L’emplacement du mot dans un champ grammatical〜
www.fine-arts-museum.be/en/exhibitions/joseph-kosuth
概念的な動きの先駆者であるアメリカ人アーテイストのKosuthは、ベルギー人画家マグリットの崇拝者で、彼に敬意を払い、«The meaning, The location of the word in a grammar field»と題して、マグリット美術館に作品を常設している。
日 時:常設 火〜金10h〜17h、土・日11h〜18h
12/24、12/31 10h〜14h、月・12/25・1/1・1/9休
場 所:Musée Magritte / Magritte Museum 地下2階
Place Royal 1, 1000 Brussels
入場料:無料