Skip to content

ニュース

October, November 2019

 汚染車走行禁止

10/24、ブリュッセル政府は2022年から大気汚染の激しいエンジン付き2輪車のブリュッセル市内での走行を全面的に禁止すると発表した。そして、ブリュッセル市内全域を低排出ゾーン(low emission zone)に指定し、2025年までに汚染のひどいディーゼル車と一部のエンジン車の走行禁止を進める。ディーゼル車の全面走行禁止は2030年、ガソリン車とLPG車は2035年となる。

 ベルギー人の年収

10/24、ベルギー統計局は、2017年のベルギー人の平均年収は18,331ユーロ、と前年より507ユーロ増加したと発表した。地方別に見るとフランダース地方は19,636ユーロ、ワロン地方は17,281ユーロ、ブリュッセル地方は14,372ユーロとなっている。ブリュッセルはヨーロッパで5番目に金持ちの都市であるが、住民の収入はそれに比例していない。Saint-Josse-ten-Noode区は9,297ユーロとベルギーで一番収入の低い区で、Molenbeek-Saint-Jean区の10,406ユーロが続いている。フランダース地方では西フランダース州のMessines市が13,719ユーロと最低の収入となっている。反対に高収入10都市のうち9都市がフランダース地方に存在し、1位はSint-Martens-Latem市で30,748ユーロとなっている。ワロン地方の高収入都市はLasnes市で26,395ユーロである。

 成人おめでとう

10/25、エリザベート王女が18歳の誕生日を迎え成人となった。王宮で祝いの式典が行われ、同じ誕生日の80人の一般市民も招待された。誕生日の演説で王女は、「国は私に与えられた責任に期待してください」と将来ベルギー国王として活躍する意欲をみせた。彼女はオランダ語系の学校に通い、完璧にオランダ語を話せる、とオランダ語圏の市民から大いに期待されている。

 女性首相

シャルル・ミッシェル首相が12月より欧州理事会議長に任命されたことに伴い、MR党の現予算・公共サービス大臣のSophie Wilmès氏がベルギー初の女性首相として任命された。

 未成年のたばこ

11/1より未成年(18歳未満)へのたばこ販売が禁止となる。これまでは16歳以上の人にたばこ、巻きたばこ、電子たばこを販売できたが、ヨーロッパ内で唯一ベルギーだけが16歳から18歳の人に販売できる国であった。ガン対策財団によると、早くに喫煙を始めるとニコチン中毒になりやすく、禁煙するのが難しくなるという。

 処方箋有効期間

11/1より、医薬品購入のための処方箋の有効期間が発行日より3カ月間のみとなり、国民健康保険からの返金も受けられる。患者の健康状態により特別に有効期間を短くしたり、延長したりできるが、延長は最高1年までとなる。

 訃報

ベルギーのコミック作家Philippe Tome (本名Philippe Vandevelde)氏が62歳で亡くなった。1957年ブリュッセルで生まれた彼は、1982年から1998年の間にコミック作家Janry氏とともにマンガ「Spirou et Fantasio(スピルとファンタジオ)」を引き継ぎ、また、1987年には「Le Petit Spirou」を発表した。ニューヨークに憧れた彼は、ポリスアクションとユーモアに富んだ「Soda」も発表した。

 はしか流行

世界保健機関は、ベルギーで昨年117人だったはしか患者数は、2019年6月までに357人と急増している、世界的にも患者数は3倍に増えていると発表した。これはウイルスの高い感染率と予防接種の未接種が原因で、ベルギーでは1995年よりはしか、風疹、おたふく風邪の3種混合の2回の予防接種を無料で提供しているが、接種率はオランダ語地域では93.4%であるが、ブリュッセルで76.4%、ワロン地域で70.1%と低迷している。理想的には95%以上の接種率を保ち、はしかを撲滅させる必要があるという。

 ここでも物価高騰

原子力規定委員会は、原子力発電所の解体と放射性廃棄物処理のために莫大な費用の捻出方法を至急考える必要があると発表した。ベルギーでは2025年に原子力発電所を閉鎖することになっているが、これらの費用を消費者が負担する必要があり、各世帯への経済負担は大きくなる。また、Electrabel社の閉鎖に関する資金調達能力には、疑わしいものがある。

 星付きレストラン

11/18、ゲントでベルギー・ルクセンブルグの2020年ミシュラン星付きレストランの表彰式が行われた。L’Air du Temps、Bon Bonや’t Zilteが3つ星を獲得するかと期待されたが望みかなわず、Hof Van Cleveのみが15年目の3つ星を獲得した。フランダース地方では、「創造性と技術的熟練で本来の料理の基礎を追求し、味覚の味覚の最高点に達している」とLommel市のCucharaが2つ星を獲得し話題を呼んでいる。新しく1つ星を獲得したレストランはフランダース地方に5軒、ワロン地方、ブリュッセル地方にそれぞれ1軒となっている。ブリュッセルではテレビ番組Top Chefで優勝したAlexandre DionisioのLa Villa in the Skyが星を1つ失った。