Skip to content

ニュース

August, September 2020

 水は無料か?

レストランやカフェでの水を無料で提供するか否かでの議論が長引いているが、新型コロナウイルスの影響で経営難に追い込まれている店舗が多い中で追加のサービス提供は荷が重すぎる、と今回採決が見送られた。ちなみに隣国フランスでは、水道水の無料提供が行われているが、ベルギーでは通例化していない。

 走行時速制限変更

9/1よりブリュッセル周辺のリングの最高時速が120km/hから100km/hに変更された。これは環境問題を重視したことによる決定で、二酸化炭素の排出を減らし、騒音を減少させ、安全対策を向上するというもの。リング以外でも一部の主要幹線の最高時速は100 km/hになった。ただし、南のワロン地方のリングでは最高時速が120km/hのままである。

 カンブルの森開通へ?

新型コロナウイルスの影響で運動不足の市民の憩いの場所にと、カンブルの森が車両通行禁止になり数カ月がたとうとしている。しかし、カンブルの森内の道路はブリュッセル南部とその郊外都市をつなぐ幹線道路で、各都市との協定に基づかない長期の閉鎖は、経済に悪影響を及ぼす。交通量の多い時間帯には通行を許可すべきだと郊外都市が弊害を訴えている。近くにあるサント・エリザベット病院も生命の危機に関わる患者は1〜2秒を争うので、カンブルの森を通れないことで生命を救えないのは一大事であると見解を表明した。

 倒産件数増

2019年に比べ倒産企業の数は30%減少しているが、これは意図的に作られた数字で、実際には昨年度の件数を超えており、2020年末には12,800社が倒産し、昨年に比べ20%を超える件数となると予想されている。これは新型コロナウイルスによるもので、特にレストラン業界、旅行業界、芸術・文化業界が大きな犠牲者となっている。

 訃報

9/4、ベルギー人歌手、俳優のAnnie Cordy(92)が亡くなった。彼女は1928年ブリュッセル・ラーケンで生まれ、老後はフランスVallaurisで過ごしていた。2004年、ブリュッセル市から名誉市民として表彰され、2018年彼女が育ったラーケンの家近くに彼女の肖像壁画が描かれた。9/12午後、フランスのカンヌでは、生前舞台と観客と祭りが好きであった彼女にちなんで、野外で多くのファンたちと音楽とともに葬儀が行われた。

 渋滞時間帯消える

9月第1週目、前年に比べ交通量が10%減少し、車両数が5~8%減少した。結論を出すには早すぎるが、テレワークによる出社のための車減少や環境問題を考慮しての自転車利用者増大の影響の現れかもしれない。

 レッドゾーン

9/9、ベルギー政府はCovid-19の感染が拡大しレッドゾーンになった国、地方を発表した。フランスでの感染者の数が増え続け、ディズニーランドのあるSeine-et-Marneもレッドゾーンに指定され、そのためベルギー人は当面ディズニーランドに行くことができなくなった。すでに予約した入場券は、入場日付を変更するか返金される。また、レッドゾーン地区からベルギーに戻る人たちは、帰国後感染しているかどうかの検査が義務付けられている。

 訃報

9/12、13に予定していたモネ劇場のサイトからの上映コンサート<Is this the end ?>の直前9/9に、担当指揮者のPatrick Davin氏(58)が急逝した。モネ劇場は彼の家族やスタッフと相談の上、このコンサートを予定通り行うことを決定し、ソリスト担当の指揮者が代行することになった。

 私にも権利を

9/10、アルベール2世前国王の婚外子であるDelphine Boëlさんが、王女として名前の変更請求をブリュッセル裁判所に提出した。彼女が前国王の娘であることはDNA検査で確認されており、今年1月の裁判結果で前国王もそれを認めている。彼女は、異母兄弟姉妹と同じ名前de Saxe-Cobourgを持つこと、王女のタイトルを持つことを希望していると担当弁護士が述べた。非嫡出子が軽視され、嫡出子と同様に扱われていないと担当弁護士は付け加えた。

 若者の失態

9/11、夜にルーヴァン・ラ・ヌーヴ湖の周りで500人の若者たちが野外パーティーを行ったが、新型コロナウイルスの感染予防策(会合は10人まで)を完全に無視しての行為で、パーティーの後あちこちに空き瓶、空き缶が放置してあった。Julie Chantryルーヴァン・ラ・ヌーヴ市長は、高校を卒業した若者たちがパーティーを開催したようだが、配慮を全くせず過度になんでもしていい訳がないと怒りを表した。大多数の者は22時に帰路についたが、中にはけんかを始めた者もいて、警察の手を借りて夜中の2時に収拾した。市長は警察の協力に感謝し、パーティーに参加した若者たちの親に対して、2度とこのようなことが起こらないことを祈ると訴えた。