Skip to content

モネ情報

 

 

★モネ劇場のチケットオフィスが、改修工事のためにモネ劇場正面に向かって左側Rue des Princes 14にしばらくの間移転します。名前がMM Ticketsと変わり、従来通り火曜~金曜12h~18h、土曜11h~18h営業しています。

★見逃してしまったオペラ公演は、モネのサイト(www.lamonnaie.be / www.demunt.be 画面右上のオレンジ色の丸いMyMMをクリック)で、最終公演日終了後3週間だけ無料で全幕ご覧になることができます(オペラによって期間が変更されることもあります)。その公演の練習風景、指揮者や演出家のインタビューなどのビデオもあります。

*  モネ劇場ガイドツァー
日時:毎土曜日(祝日、7、8月を除く)12h (所要時間90分)
場所:モネ劇場裏アトリエ入口(Rue Leopold 23)出発
入場料:12ユーロ(30歳未満は6ユーロ) 仏、蘭、英語
長い歴史を持つオペラ劇場と舞台衣装などのアトリエを、日本からのご友人の滞在中などにご一緒に、ガイド付きで覗いてみれる人気のあるツァーです。

オペラ

♪Jakob Lenz 「ヤーコブ・レンツ (狂ってゆくレンツ)」
作曲:Wolfgang Rihm(リーム1952~)
指揮:Franck Ollu
演出:Andrea Breth
場所:モネ劇場
公演日:3月1,3,4,6,7日
開演:20h 日曜日15h
配役:レンツ:G. Nigl
牧師オベルリン:H. Waddington
友人カウフマン:J. Graham-Hall
6人の声(ソプラノ2、アルト2、バス2)
楽器編成:オーボエ2、バスクラリネット、ファゴット、トランペット、トロンボーン、チェロ3、チェンバロ、打楽器
内容:ベルク作曲のオペラ「ヴォチェック」の原作者G. ビューヒナーの短編小説「Lenz」をもとに、現代ドイツ作曲家のRihmが、25才の時に作曲した室内オペラ。題名のJakob Lenzは実在した詩人(1751~1792)で、ゲーテの友人であった。
狂気に陥った詩人レンツ(バリトン)の精神を癒すために、牧師オベルリン(バス)や友人カウフマン(テノール)が、彼をアルザスの山に連れて行った3週間を描いたものだが、看護されたり、教会に祝福されたりしても、彼の狂気は破滅へと進んでしまう。
1幕 85分 ドイツ語
あらすじ

♪Le Vin Herbé 「魔法の酒」 オラトリオ  コンサート形式
作曲:Frank Martin(マルタン1890~1974)
指揮:Hans-Christoph Rademann
場所:Flagey
公演日:3月10日
開演:20h
内容:中世に宮廷詩人たちが広く伝えた恋愛物語「トリスタン」を基に書かれた、フランスの小説家J. Bédier(1869~1938)の小説「トリスタンとイズー(イゾルデ)」に、スイス人作曲家マルタンが作曲したもの。後にワーグナーが同主題で小説 と同名の大きなオペラを作曲したが、このオペラは12人の歌手、弦楽器7名、ピアノという小編成の室内オラトリオ。物語は、アイルランド王女イズー(ソプラノ) とマルク王の甥トリスタン(テノール)がコルンナイル(コーンウォール)を出発してから彼らの死までを扱ったもので、タイトルの「魔法の酒」とは、2人が誤って飲んでしまう <飲めば激しい恋に落ちる>という魔法の酒のこと。
18場 フランス語
あらすじ

♪Penthesilea 「ペンテシレア」 世界初演
作曲:Pascal Dusapin(ドゥサパン1955~)
指揮:Flanck Ollu
演出:Pierre Audi
公演日:3月31日、4月2,4、7,9,12,14,16,18日
開演:20h 日曜日15h
内容:フランス・ナンシー生まれの現代作曲家の7つ目のオペラ。ギリシャ神話を基にしたH. von Kleistの同名の戯曲(1808)に、作曲者とB. Haecklが台本を書いたオペラの世界初演。 プロローグ、11場、エピローグ。 フランス語

モネシンフォニーオーケストラ

前モネ劇場音楽監督のマエストロ大野和士さんが、久々にモネオーケストラと、シューベルトとシベリウスの交響曲を連続コンサートします。 
場所:Flagey
3月5日20h15
シューベルト作曲 交響曲 第4番「悲劇的」D. 417、
シベリウス作曲 「悲しいワルツ」 作品44-1、交響曲 第2番 「田園」 作品43

3月13日20h
場所:Flagey
指揮:Michael Boder
バリトン:Dietrich Henchen
映像:Clara Pons
マーラーとD. Glanert作曲 「子供の魔法の角笛」と映像

モネ歌曲リサイタ

 

ダンス


コンチエルティニ


La Monnaie Opera House, Grand Foyer
©Benoît Roland

開演:12h30(会場12h、演奏45~50分)
入場料:€8
モネ劇場 グラン・フォワイエ(Grand Foyer)

3月6日
モネ弦楽三重奏
Boëly作曲 三重奏曲 作品5-2 (1808年)、Jean Cras作曲 三重奏曲(1926年

3月13日
フルート、クラリネット、ファゴット、ピアノによるフランス音楽
デュティユー、メシアン他 作曲のフランス音楽

3月20日
ホルン四重奏
ミヨー、マルタン、メシアン他 作曲の作品

3月27日
P. Dusapin(1955~)作曲の室内楽曲
弦楽三重奏のための「Musique fugitive」、金管五重奏曲「Stanze」他

4月3日
ドビュッシー作曲 フルート独奏曲 「パンの笛」、
管楽器のための「オクタンドル」他

4月10日
シューマン作曲 オーボエとピアノのための3つのロマンス 作品94、
ライネッケ作曲 オーボエ、ホルン、ピアノのための三重奏曲 作品188  他

 

来シーズンのオペラ演目 

来シーズン2014年9月からのモネ劇場のテーマは、<Les sept péchés (すべての罪の源とされる7つの大罪)>です。

以下の方法でチケットの購入ができます。
1. ウェブサイトwww.lamonnaie.be / www.demunt.beで、座席を選んで購入 (+3ユーロ、手数料)。
2. モネ劇場Box Office (Rue Leopold 23)で、火~金12h~18h、土11h~18h (7月12日~8月9日は夏休み) 購入 。
3. 劇場正面入り口で、公演日の公演1時間前に購入。

チケットの購入時期

*一般の方
9月30日までの公演・・・6月28日より
10月~12月31日までの公演・・・9月6日より
1月~最後までの公演・・・12月2日より

*モネ劇場の«Les Patrons»、«Friends Gold»、«Friends Silver»の方
12月31日までの公演・・・6月14日より
1月~最後までの公演・・・11月18日より

*«Les  Friends»、«Young Friends»、«Abonnés»、«Go!opera»の方
12月31日までの公演・・・6月21日より
1月~最後までの公演・・・11月25日より

♪Daphne 「ダフネ」
作曲:R. Strauss(リヒャルト シュトラウス1864~1949)
指揮:L. Koenigs
演出:G. Joosten
公演日:9月9,11,14,16,18,21,23,25,27,30日
開演:20h日曜日15h
あらすじ

♪Die Entführung aus dem Serail 「後宮からの誘拐」 コンサート形式
作曲:W. A. Mozart(モーツァルト1756~1791)
場所:パレデボザール
指揮:R. Jacobs
演奏:Akademie für Alte Musikバロックアンサンブル
公演日:9月22日
開演:19h

♪ Shelle Shock(A Requiem of War) 「シェル・ショック」 (戦争レクイエム)オペラ・ダンス世界初演
作曲:N. Lens
台本:N. Cave
指揮:K. Kessel
振り付け・演出:S. L. Cherkaoui
公演日:10月24,25,26、28,29,30,31日、11月1,2日
開演:20h日曜日15h
簡単なあらすじ

♪Don Giovanni 「ドン・ジョバンニ」
作曲:W. A. Mozart(モーツァルト1756~1791)
指揮:L. Morlot
演出:K. Warlikowski
公演日:12月2,7,9,14、16,18,20,23,26,28,30日
開演:19h30 日曜日15h
あらすじ

♪ Fierrabras 「フィエラブラス」 コンサート形式
作曲:F. Schubert(シューベルト1797~1828)
場所:パレデボザール
指揮:A. Fischer
公演日:1月21,24日
開演:20h
あらすじ

♪Tamerlano 「タメルラーノ」
作曲:G. F. Handel(ヘンデル1685~1759)
指揮:C. Rousset
演出:P. Audi
演奏:Les Talens Lyriques
公演日:1月27,29,31日、2月4,6,8日
開演:19h 日曜日15h
あらすじ

♪Alcina 「アルチーナ」
作曲:G. F. Handel(ヘンデル1685~1759)
指揮:C. Rousset
演出:P. Audi
演奏:Les Talens Lyriques
公演日:1月28,30日、2月1,3,5,7日
開演:19h 日曜日15h
あらすじ

♪Medúlla 「メダラ」
作曲:Björk(ビョーク1965~)
指揮:B. Akiki
演出:S. Minailo
演奏:モネ子ども合唱団
公演日:2月4,7,8日
開演:19:30 日曜日15h
あらすじ

♪Jakob Lenz 「ヤーコブ・レンツ (狂ってゆくレンツ)」
作曲:W. Rihm(リーム1952~)
指揮:F. Ollu
演出:A. Breth
公演日:2月27日、3月1,3,4,6,7日
開演:20h 日曜日15h
あらすじ

♪Il Barbiere di Siviglia 「セヴィリアの理髪師」 コンサート形式
作曲:G. Paisiello (パイジェッロ1740~1816)
場所:パレデボザール
指揮:R. Jacobs
演奏:フライブルグバロックアンサンブル
公演日:3月6日
開演:20h
あらすじ

♪Le vin herbé 「魔法の酒」 オラトリオ  コンサート形式
作曲:F. Martin(マルタン1890~1974)
場所:Flagey
指揮:H-C. Rademann
公演日:3月10日
開演:20h
あらすじ

♪Penthesilea 「ペンテシレア」 世界初演
作曲:P. Dusapin(ドゥサパン1955~)
指揮:Franck Ollu
演出:Pierre Audi
公演日:3月31日、4月2,4、7,9,12,14,16,18日
開演:20h 日曜日15h
あらすじ

♪Un Ballo in Maschera 「仮面舞踏会」
作曲:G. Verdi(ヴェルディ1813~1901)
指揮:C. Rizzi
演出:A. Ollé-La Fura dels Baus
公演日:5月12,13,15,16,17,19,20,21,23,24,26,27日
開演:20h 日曜日15h
あらすじ

♪Troika [Aleko]、[Skupoj Rytsar]、[Francesca da Rimini] 3つのオペラ「アレコ」、「けちな騎士」、「フランチェスカ・ダ・リミニ」
作曲:S. Rachmaninov(ラフマニノフ1873~1943)
場所:National Theater  Bd. Emile Jacqmain 111, 1000 Bruxelles
指揮:M. Tatarnikov
演出:K. Dehlholm
公演日:6月16,18,19,21,23,24,26,27,30日
開演:19h 日曜日15h
あらすじ「Aleko アレコ」「Skupoj Rytsar けちな騎士」「Francesca da Rimini フランチェスカ・ダ・リミニ」