Skip to content

モネ情報

 

オペラ

*オペラ無料鑑賞のチャンス!
見逃してしまったオペラ公演は、モネのサイト(www.lamonnaie.be / www.demunt.be )で、最終公演日終了後3週間だけ無料で全幕ご覧になることができます(オペラによって期間が変更されることもあります)。その公演の練習風景、指揮者や演出家のインタビューなどのビデオもあります。

新型コロナウイルス(covid-19)のため、ベルギー全国の外出禁止令が4月19日まで延長され、イベントは全てキャンセルになっています。外出禁止令は5月3日まで更新する可能性もあると発表されました。今後の情報は、主催者のウェブサイトで確認の上お出かけください。

♪ Pikovaya Dama「スペードの女王」
作曲:Pyotr Il’yich Tchaikovsky (チャイコフスキー1840~1893)
指揮:Nathalie Stutzmann
演出:David Marton
公演日:4月21, 23, 26, 30日、5月3, 5, 7, 9日 公演が来シーズン以降に延期となりました。
開演:19h 日曜日15h
チケット発売中:発売日が3月10日から2月11日に前倒しになりましたのでお急ぎください。
内容:プーシキンの同名の短編小説をもとに、原作にはない「人間を支配する非情な運命の前には死しかない」という考えが、作曲者の弟Modestによる台本と作曲者自身によって付け加えられた。主役のヘルマン役は、全7場で全てで歌い、歌手としての力量と高い技術を要求される。全3幕7場 ロシア語
あらすじ

♪ Der Rosenkavalier「ばらの騎士」(今シーズン最後のオペラ、お見逃しなく)
作曲:Richard Strauss(R.シュトラウス1864~1949)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Damiano Michieletto
公演日:6月14,16,17,19,21,23,24,26,27日
開演:18h30 日曜日15h
チケット発売日:5月5日 人気がありますのでお早めにお求めください。
内容:R. シュトラウスは、ウィーン世紀末文化を代表する作家・詩人・劇作家ホフマンスタール(1874~1929)の台本で前作のオペラ「エレクトラ」を作曲中に「次にはモーツァルト・オペラを作曲する」と彼への手紙に打ち明けていて、モーツァルトの「フィガロの結婚」に共通点を持つ作品。「ばらの騎士」とは、ホフマンスタールが創作したウィーンの貴族が婚約の儀式に銀のばらの花を届ける際に立てる架空の使者のことで、彼は「このオペラでは一見本物に見えるものが実は虚構なのです」と言っている。作者たちはこのオペラを«音楽のための喜劇»と名付け、過ぎゆく時への思いや、若い愛を優美かつ豊麗な音楽で描いた傑作。 全3幕 ドイツ語
あらすじ

モネ歌曲リサイタル

4月29日20h
テノール:Michael Spyres
ピアノ:Roger Vignoles
ベッリーニ、ドビュッシー、リスト、シューベルト、R. シュトラウス他 作曲の歌曲

モネシンフォニーオーケストラ

5月16日20h
場所:パレデボザール
指揮:Alain Altinoglu
ソプラノ:Sally Matthews
オルガン:Olivier Latry
Dusapin作曲 「Wave」オルガンと管弦楽のための協奏曲(ベルギー初演)
R. シュトラウス作曲「4つの最後の歌」、チャイコフスキー作曲 交響曲 第4番

ダンス「Rain Live」

振付け:Anne Teresa De Keersmaeker  Ictus
公演日:5月15,16,17,19,20日
開演:20h 日曜日15h
場所:モネ劇場
音楽:Steve Reich「18人の音楽家のための音楽」
演奏:Ictus現代音楽アンサンブル

*モネ劇場ガイドツァー
新しくなったモネ劇場をアトリエまでガイドが案内します。
日時:毎月第一土曜日 (9月7日〜6月6日) 12h~13h30
集合場所:劇場の入口エントランス
入場料:12ユーロ(12才以下6ユーロ)

コンチエルティニ


La Monnaie Opera House, Grand Foyer
©Benoît Roland

モネコンチェルティニ モネフォワイエに戻って、従来通り上演されるオペラに関連する室内楽プログラムをお届けします。

開演:12h30 (開場12h)
場所:モネ劇場フォワイエ
入場料:10ユーロ

4月24日
チャイコフスキー作曲 管楽器九重奏とコントラバスによる「くるみ割り人形」

5月1日
コンサート無し

5月8日
モネアトリエ6階Salle Fuocco
チャイコフスキー作曲 弦楽六重奏「フィレンツェの思い出に」

5月15日
モネ低音金管楽器アンサンブル
ボロディン、チャイコフスキー 他ロシアの作曲家

来シーズン(2019年〜2020年)のオペラ演目

♪ Macbeth Underworld「マクベス(黄泉の国)」
世界初演
作曲:Pascal Dusapin(ドゥサパン1955~)
指揮:Alain Altinoglu
演出Thomas Jolly
公演日:9月20,22,24,26,29日、10月1,3,5日
開演20h 日曜日15h
チケット発売日:6月8日

♪ Le silence des ombres「影の沈黙」
世界初演
作曲:Benjamin Attahir(アタリー 1989~)
場所:Koninklijke Vlaamse Schouwburg
指揮:Benjamin Attahir
演出:Olivier Lexa
演奏:モネ室内アンサンブル
公演日:9月25,27,29日、10月2,4,6日
開演:19h30 日曜日15h
チケット発売日:6月8日
あらすじ

♪ Giovanna d’Arco「ジョヴァンナ・ダルコ」
コンサート形式
作曲:Giuseppe Verdi(ヴェルディ1813~1901)
場所:モネ劇場
指揮:Giuliano Carella
公演日:10月12,16日
開演:20h
チケット発売日:6月8日
あらすじ

♪ Jeanne d’Arc au bûcher「火刑台上のジャンヌ・ダルク」
作曲:Arthur Honegger(オネゲル1892~1955)
指揮:大野和士
演出:Romeo Castellucci
公演日:11月5,6,7,8,10,12日
開演:20h 日曜日15h
チケット発売日:9月24日
あらすじ

♪ Les contes d’Hoffmann「ホフマン物語」
作曲:Jacques Offenbach(オッフェンバック1819~1880)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Krzysztof Warlikowski
公演日:12月10,12,14,17,19,20,22,27,29,31日、1月2日
開演:19h 日曜日15h、12月31日は18h
チケット発売日:10月29日
あらすじ

Trilogia Mozart Da Ponte ダ・ポンテ台本のモーツァルト作曲のオペラ3曲
作曲:Wolfgang Amadeus Mozart(モーツァルト1756~1791)
指揮:Antonello Manacorda(Ben Glassberg)
演出:Jean-Philippe Clarac & Olivier Delɶil
チケット発売日:1月9日

♪ Le Nozze di Figaro「フィガロの結婚」
公演日:2月18,25日、3月1,5,17,21日
開演:19h30 日曜日15h
あらすじ
♪ Così fan tutte「コジ・ファン・トゥッテ」
公演日:2月20,27日、3月8,10,19,26日
開演:19h 日曜日15h
あらすじ
♪ Don Giovanni「ドン・ジョバンニ」
公演日:2月22日、3月3,12,15,24,28日
開演:19h30 日曜日15h
あらすじ

♪ Pikovaya Dama「スペードの女王」
作曲:Pyotr Il’yich Tchaikovsky(チャイコフスキー1840~1893)
指揮:Nathalie Stutzmann
演出:David Marton
公演日:4月21,23,26,30日、5月3,5,7,9日
開演:19h 日曜日15h
チケット発売日:2月11日
あらすじ

♪ Der Rosenkavalier「ばらの騎士」
作曲:Richard Strauss(R.シュトラウス1864~1949)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Damiano Michieletto
公演日:6月14,16,17,19,21,23,24,26,27日
開演:18h30 日曜日15h
チケット発売日:5月5日
あらすじ