Skip to content

モネ情報

 

オペラ

モネ劇場のオペラ公演は 長くかかった30年ぶりの改修工事を終えて、晴れて今シーズンからモネ広場のモネ劇場に戻りました。大規模な舞台装置の入れ替えを始め、座席も新しくなった新モネ劇場。チケット売場も、モネ劇場正面に向かって左側面の劇場内に移り、今後はそれぞれのオペラにチケット発売開始日がありますので、お早めにお求めください。

♪ Lohengrin「ローエングリン」
作曲:Richard Wagner(ワーグナー1813~1883)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Olivier Py
公演日:5月2,4,6日
開演:18h 日曜日15h
チケット発売中
内容:W. von Eschenbachの叙事詩「パルシファル」、K. von Würzburg著「白鳥の騎士」などのローエングリンに関する伝説を素材にして、ワーグナー自身が台本を書き作曲した。ワーグナーが最終的に確立した[楽劇]に至る前の[ロマンティック・オペラ]と呼ばれる時期の最後の作品。バイエルン王ルードヴィヒ2世が愛し、彼のノイシュバンシュタイン城内部にも描かれ、また3幕の婚礼の合唱は「ワーグナーの結婚行進曲」としても有名。 3幕 ドイツ語
あらすじ

♪ Bluebeard’s Castle「青ひげ公の城」 & The miraculous Mandarin「中国の不思議な役人」
作曲:Béla Bartók(バルトーク1881~1945)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Christophe Coppens
公演日:6月8,10,13,16,19,21,24日
開演:20h 日曜日15h
チケット発売日:4月24日から
内容: バルトークの唯一のオペラ作品である「青ひげ公の城」は、欧州にある「青ひげ」の伝説を源泉にした、C.ペローの童話集や、M. メーテルリンクの戯曲を基にB. バラージュが台本を書いた。
今回は、1幕のパントマイムのための舞台音楽「中国の不思議な役人」との2本立て公演。「中国の不思議な役人」は、脚本家M. レンジェル自身が題名にグロテスクと書いているように、退廃的でエロティックな雰囲気を持ち、両作品とも「男女関係の絶望的状態(グリフィス)」というテーマを扱っている。 各1幕 ハンガリー語
あらすじ
Bluebeard’s Castle「青ひげ公の城」
The miraculous Mandarin「中国の不思議な役人」

*オペラ無料鑑賞のチャンス!
見逃してしまったオペラ公演は、モネのサイト(www.lamonnaie.be / www.demunt.be )で、最終公演日終了後3週間だけ無料で全幕ご覧になることができます(オペラによって期間が変更されることもあります)。その公演の練習風景、指揮者や演出家のインタビューなどのビデオもあります。
LUCIO SILLA   〜1月2 日
DIALOGUES DES CARMÉLITES 2018年1月10日〜30日
IL PRIGIONIERO & DAS GEHEGE 2018年2月20日〜3月12日
CAVALLERIA RUSTICANA & PAGLIACCI 2018年4月10日〜30日
LOHENGRIN 2018年5月22日〜6月11日
BLUEBEARD’S CASTLE & THE MIRACULOUS MANDARIN 2018年7月17日〜8月6日

モネシンフォニーオーケストラコンサート

5月22日20h
場所:パレデボザール
指揮:Alain Altinoglu
ヴァイオリン:Renaud Capuçon
モネ子ども合唱団
バルトーク作曲「子どもと女声合唱団のための合唱曲」より7曲、ヴァイオリン協奏曲第2番
コダーイ作曲「子ども合唱団のための4つのアカペラ」、組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

パートナー・プロジェクト「Mitra」
制作:映画監督で演出家のJorge León
内容:テヘランの女精神分析医Mitra Kadivarの実話を基に人間性への抵抗を扱った、音楽劇と映画。
5月9,10,11,12日20h30
場所:Les Halles de Schaerbeek
作曲:E. Reiter、G. Van Dam
出演:C. Mcfadden D. Duesing
音楽:Ictus現代音楽アンサンブル モネ・アカデミー合唱団
指揮:G-E. Octors

モネ歌曲リサイタ

ダンス

*モネ劇場ガイドツァー
新しくなったモネ劇場をアトリエまでガイドが案内します。
日時:毎月第一土曜日 12h~13h30
集合場所:劇場の入口エントランス
入場料:12ユーロ(12才以下6ユーロ)

 

コンチエルティニ


La Monnaie Opera House, Grand Foyer
©Benoît Roland

モネコンチェルティニ モネフォワイエに戻って、従来通り上演されるオペラに関連する室内楽プログラムをお届けします。
開演:12h30 (開場12h)
場所:モネ劇場フォワイエ
入場料:10ユーロ

5月4日
ピアノ連弾
ピアノ:I. Spinette、J. Michiels
バルトーク、モーツァルト、シューベルト、ドビュッシー作曲の作品

5月11日 コンサート無し

5月18、25日
エリザベート王妃国際音楽コンクール2018年声楽の受賞者リサイタル

6月1日
コダーイ作曲 ヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲、ドホナーニ作曲 弦楽三重奏曲 他

6月8日
ヴァイオリン:S. Khourdoïan
ピアノ:A. Gurning
フォーレ作曲 ソナタ第1番、イザイ作曲「悲劇的な詩」作品12

6月15日
ピアノ:A. Altinoglu
ドホナーニ作曲 ピアノ、弦3部、クラリネット、ホルンのための六重奏曲
バルトーク作曲 クラリネット、ヴァイオリン、ピアノのための「コントラスト」

 

来シーズン(2018年〜2019年)のオペラ演目
♪ Die Zauberflöte「魔笛」
作曲:Wolfgang Amadeus Mozart(モーツァルト1756~1791)
指揮:Antonello Manacorda(9月23、26、30日はBen Glassberg)
演出:Romeo Castellucci
公演日:9月18,20,21,23,25,26,27,28,30日、10月2,3日
開演:20h、日曜日15h
チケット発売日:6月9日から

♪ Z Mrtvého Domu「死の家から」(De la maison des morts)
作曲:Leoš Janáček(ヤナーチェク1854~1928)
指揮:Michael Boder
演出:Krzysztof Warlikowski
公演日:11月6,7,10,11,13,14,16,17日
開演:20h、日曜日15h
チケット発売日:9月22日から

♪ Don Pasquale「ドン・パスクワーレ」
作曲:Gaetano Donizetti(ドニゼッティ1797~1848)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Laurent Pelly
公演日:12月9,11,12,13,14,16,18,19,21,23日
開演:20h日曜日15h
チケット発売日:10月27日から

♪ La Gioconda「ラ・ジョコンダ」
作曲:Amilcare Ponchielli(ポンキエッリ1834~1886)
指揮:Paolo Carignani
演出:Olivier Py
公演日:1月29,30日、2月1,3,5,6,8,10,12日
開演:19h、土曜日15h
チケット発売日:12月18日

♪ Frankenstein「フランケンシュタイン」世界初演
作曲:Mark Grey(グレイ1967~)
指揮:Bassem Akiki
演出:Álex Ollé(La Fura Dels Baus)
公演日:3月8,10,12,14,15,17,19,20日
開演:20h、日曜日15h
チケット発売日:1月25日

♪ The Rake’s Progress「道楽者のなりゆき」コンサート形式
作曲:Igor Stravinsky(ストラヴィンスキー1882~1971)
指揮:Barbara Hannigan
オーケストラ:Ludwigオーケストラ
場所:モネ劇場
公演日:3月25、26日
開演:20h
チケット発売日:6月9日

♪ Robert le Diable「悪魔のロベール」コンサート形式
作曲:Giacomo Meyerbeer(マイヤベーア1791~1864)
指揮:Evelino Pidò
場所:パレデボザール
公演日:4月2,5日
開演:18h
チケット発売日:6月9日から

♪ Tristan und Isolde「トリスタンとイゾルデ」
作曲:Richard Wagner(ワーグナー1813~1883)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Ralf Pleger & Alexander Polzin
公演日:5月2,4,7,8,10,12,14,16,17,19日
開演:18h 日曜日15h
チケット発売日:3月21日から

♪ The tale of Tsar Saltan「サルタン皇帝の物語」
作曲:Nikolay Rimsky-Korsakov(リムスキー=コルサコフ1844~1908)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Dmitri Tcherniakov
公演日:6月11,13,16,18,21,23,25,27,29日
開演:20h、日曜日15h
チケット発売日:4月30日から