Skip to content

ニュース

July, August 2021

 通学定期券値下げ

7/1よりSTIB/MIVBの12歳から24歳の年間通学定期券が50ユーロから12ユーロへと値下げになる。さらに1家族子ども2人までは1人12ユーロであるが、3人目以降は無料となる。また、ブリュッセル市内の国鉄、De Lijn、TECにも乗れる通学定期券は、2人目まで90ユーロから52ユーロに変更され、3人目以上は今まで通り40ユーロとなる。さらに2022年2月1日からブリュッセル在住の学生ではない18歳から24歳向けの年間定期券が499ユーロから12ユーロへと大幅に値下げされる。

 VAT(付加価値税)要支払い

これまでEU諸国外からインターネットを通して商品を購入する場合、22ユーロ以下の価格のものにはVATが免除されていたが、7/1よりこの制度が廃止され、全ての輸入商品に付加価値税がかかるようになる。納税の会計処理にはOne Stop Shop(OSS)への登録が必要で、ここに登録している業者から商品を購入すると、消費者はVAT納税手続きをする必要がない。また、付加価値税額は、購入者の国の付加価値税額と同額である。

 検査料金

7/1より7、8、9月の3カ月間のコロナウイルスに関するPCR検査料金の上限額が70ユーロから55ユーロに値下がりした。また、すぐに結果の分かる抗原検査の上限額が120ユーロになる。ウイルスに感染したかもしれない症状のある人、レッドゾーンから帰国した人は無料でPCR検査を受けられる。さらに6歳から17歳の子ども、2回のワクチン接種を受けていない大人は夏の間最高2回無料でPCR検査を受けられると政府は決定した。MaSanteのサイトから予約申し込みが必要で、申込後10日間無料で検査を受けられる。

 天才少年

オステンド出身の11歳のLaurent Simons君がアントワープ大学の物理学の学士号を優秀な成績で授与された。彼はすでにオランダのEindhovenの大学に通っていたが、大学との不一致で学業を断念し、アントワープ大学で学士号取得に成功した。今後は修士課程を修了し、博士課程に進みたいと意気込みを見せている。

 王女が軍隊行進に参加

フィリップ国王の長女エリザベート王女は大学進学に先立って将来ベルギー軍隊のトップになるべく1年間ミリタリースクールに入学し、7/21の国民の日に開催される軍隊行進に軍隊の一員として参加した。セレモニーには国王一家、アストリッド王女、ローラン王子、婚外子と認められたデルフィーヌ王女が出席した。エリザベート王女は、ミリタリースクール卒業後、イギリスの大学で学生生活を送る。

 会社設立

これまで会社設立には、会社代表者が公証人事務所へ出向いて書類の作成が必要であったが、8/1よりビデオ会議によりネットを通して会社設立ができるようになった。これに伴う追加費用は発生しない。ただし、詐欺の疑いがある場合は、実際に公証人との交渉が必要となる。ベルギーでは、毎年3万2,000社が設立されている。

 オリンピックメダル

8/2ベルギーの体操選手Nina Derwaelが段違い平行棒で金メダルに輝いた。この東京オリンピックで、彼女はベルギー最初の金メダルを獲得し、国民を歓喜に導いた。その後、8/5ホッケーのRed Lionsがベルギー2つ目の金メダル、同日Nafissatou Thiamが陸上七種競技でベルギー3つ目の金メダルを獲得した。その他、ベルギーは銀メダルを1つ、銅メダルを3つ獲得し、メダル獲得ランキングで29位となった。8/24から9/5までパラリンピックが開催される。ベルギーは女性9人を含む32人の選手がメダル獲得に向けて成果を競う。前回のリオでの大会では5つの金メダルを含む11個のメダルを獲得した。

 子どもにもワクチンを

健康省は6/23に併存症のある12歳から15歳の子どもにはコロナウイルスワクチン接種を奨励していたが、7/7より親の同意を条件にこの年齢の全ての子どもに接種を促した。欧州医薬品庁(EMA)もPfizer-BioNTechのみ若者に有効なワクチンとして接種を推奨している。

 国中で喪に服す

7月半ばに起きた大洪水で命を亡くした方の冥福を祈り、家、車など財産を失った人たちを思って、7/20を追悼の日とし1分間の黙とうが行われた。今回はベルギーで10回目の追悼の日で、初回はレオポルド3世妃アストリッドが事故で亡くなったときの1週間の服喪であった。近年では2004年Ghislenghienで起こったガス爆発により亡くなった従業員や消防士に対し、2012年スイスで起こったバスの壁面激突事故により亡くなったLimbourg州の生徒や先生、運転手に対し、2016年に起こったテロ事件により命を失った方や負傷者に対し行われた。

 ファーストネーム

ベルギー統計局(Statbel)が子どもの名前について発表した。それによると、2020年に名付けられた子どもの名前で女の子はOliviaが2年連続でトップ。16年間王座に就いて2019年に座を譲ったEmmaがそれに続く名前である。男の子の名前はArthurが3年連続トップの座を獲得した。地方別に見ると、女の子の名前は首都ブリュッセルではSophiaが1位、フランダース地方ではOliviaが、ワロン地方ではEmmaとなっている。また男の子の名前では、ブリュッセルではMohamed、フランダース地方ではNoah、ワロン地方ではGabrielとなっている。