Skip to content

モネ情報

 

オペラ

♪ Pikovaya Dama「スペードの女王」
作曲:Pyotr Il’yich Tchaikovsky
(チャイコフスキー1840〜1893)
指揮:Nathalie Stutzmann
演出:David Marton
公演日:9月11, 13, 15, 18, 20, 23, 27, 29日
開演:19h 日曜日15h
チケット発売中
内容:1843年発表のプーシキンの同名の中編小説を原作に、作曲者の弟モデスト・チャイコフスキーが台本を書き、作曲者自身も手を加えて、原作にはない人間を支配する運命の力を描き出すドラマ性を持たせている。作曲者最晩年の作品で、全幕で歌い通す主役ゲルマンはテノール歌手にとっては大役である。全3幕 ロシア語
あらすじ

♪ Der Rosenkavalier「ばらの騎士」
作曲:Richard Strauss
(R. シュトラウス1864〜1949)
指揮:Alain Altinoglu
演出:Damiano Michieletto
公演日:10月28, 30日
11月2, 5, 8, 10, 13, 15, 16, 18日
開演:18h 日曜日15h
チケット発売開始日:9月20日
内容:R.シュトラウスは前作のオペラ≪エレクトラ≫を、ウィーン世紀末文学を代表する作家・詩人・劇作家ホフマンスタール(1874〜1929)の台本で作曲中に、「次はモーツァルト・オペラを作曲する」と彼への手紙に打ち明けていて、この≪ばらの騎士≫はモーツァルトの≪フィガロの結婚≫に共通点を持つ作品。「ばらの騎士」とは、ホフマンスタールが創作したウィーンの貴族が婚約の儀式に銀のばらの花を届ける際に立てる架空の使者のことで、彼は「このオペラでは一見本物に見えるものが実は虚構なのです」と言っている。作曲者・台本作家ともに、このオペラを«音楽のための喜劇»と名付け、過ぎゆく時への思いや、若い愛を優美かつ豊麗な音楽で描いた傑作。全3幕 ドイツ語
あらすじ

モネ歌曲リサイタル

9月14日20h
バリトン:S. Degout
メゾソプラノ:M. Jacquard
ナレーター:R. Germser
ピアノ:A. Planès
ブラームス作曲「美しきマゲローネ」作品33

モネシンフォニーオーケストラ創立250周年記念コンサート

9月25日20h
場所:パレデボザール
指揮:Alain Altinoglu
ソプラノ:S. Matthews
フランク作曲「贖罪」、R. シュトラウス作曲「4つの最後の歌」、Harold Noben作曲 モネ劇場委嘱作品世界初演「Beyond」、R. シュトラウス作曲「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

10月9日20h
場所:パレデボザール
マスネ作曲「エロディアード」序曲とバレエ組曲
R. シュトラウス作曲「サロメの7つのヴェールの踊り」
プロコフィエフ作曲 交響曲 第5番

ダンス

♪ ROSAS「En Atendant」
振付:Anne Teresa De Keersmaeter
場所:Rosas Performance Space
Ave. Van Volxem 164, 1190 Brussels
音楽:Cour et Coeurアンサンブル
開演:20h30 日曜日15h
公演日:9月15, 16, 17, 22, 23, 24, 25, 28, 29, 30日、10月1日
内容:2010年にフランスのアヴィニョンフェスティバルで初演された「私は歩くように踊る」「私は話すように踊る」という2点が交差したダンス。1時間30分

コンチエルティニ


La Monnaie Opera House, Grand Foyer
©Benoît Roland

場所:モネ劇場フォワイエ
開演:金曜日12h30 (開場12h)
入場料:10ユーロ
(アボンヌモン所有者、シニア、失業者、30歳以下7ユーロ、15才以下5ユーロ)

10月7日
ヴァイオリン、コントラバス、クラリネット、ホルン、ファゴットによる室内楽版
R. シュトラウス作曲 F. Hasenöhrl編曲「もうひとりのティル・オイレンシュピーゲル」

10月14日
ヴァイオリン、フルート、ピアノ他
フランス女流作曲家Mel Bonis、Pauline Viardotの作品

10月21日
モネ低音金管楽器アンサンブル
ロシアの音楽:ボロディン、ショスタコーヴィチ他の作品

*モネ劇場ガイドツァー
新しくなったモネ劇場をアトリエまでガイドが案内(英語・仏語・蘭語)します。
日時:毎月第一土曜日 (9月〜6月) 12h~13h30
集合場所:劇場の入口エントランス
入場料:15ユーロ(30才未満7.50ユーロ)、年間券(アボンヌモン)所有者無料

新シーズン2022〜23年 オペラ演目と公演日

♪ Pikovaya Dama「スペードの女王」
作曲:Pyotr Il’yich Tchaikovsky
(チャイコフスキー1840〜1893)
公演日:9月11, 13, 15, 18, 20, 23, 27, 29日
開演:19h 日曜日15h
チケット発売開始日:6月21日
あらすじ

♪ Der Rosenkavalier「ばらの騎士」
作曲:Richard Strauss
(R. シュトラウス1864〜1949)
公演日:10月28, 30日
11月2, 5, 8, 10, 13, 15, 16, 18日
開演:18h 日曜日15h
あらすじ

♪ On purge Bébé
モネ劇場委嘱作品世界初演
(4月に亡くなったベルギー人作曲家の遺作)
作曲:Philippe Boesmans
(ブスマンス1936〜2022)
公演日:12月13, 15, 16, 18, 20, 23, 27, 29日

♪ Yevgeny Onegin
「エヴゲニー・オネーギン」

作曲:Pyotr Il’yich Tchaikovsky
(チャイコフスキー1840〜1893)
公演日:2023年1月29, 30日
2月1, 2, 4, 5, 7, 9, 10, 12, 14日
開演:19h30 日曜日15h

♪ SOLAR Icarus burning
子どもと家族のためのオペラ
モネ劇場委嘱作品世界初演
作曲:Howard Moody (ムーディ1964〜)
場所:モネアトリエ Salle Malibran
公演日時:3月14, 19日11h, 14h
3月15, 17日19h
3月18日14h, 17h

♪ Bastarda「バスタルダ」
ドニゼッティ作曲のチューダー朝史劇オペラ4作を基に、女王エリザベス一世を題材にした改編オペラの2夜
Evening 1 ≪For better, for worse≫
Evening 2 ≪Til death do us part≫
作曲:Gaetano Donizetti
(ドニゼッティ1797〜1848)
公演日:
第1夜:3月21, 25, 28日
4月1, 4, 11, 15日
開演:19h 日曜日15h
第2夜:3月23, 30日
4月2, 6, 8, 13, 16日
開演:19h 日曜日15h

♪ Henry VIII「ヘンリー八世」
作曲:Camille Saint-Saëns
(サン・サーンス1835〜1921)
公演日:5月11, 13, 16, 18, 21, 23, 25, 27日
開演:19h30 日曜日15h

♪ Hoc (Le Nez)「鼻」
作曲:Dmitry Shostakovich
(ショスタコーヴィチ1906〜1975)
公演日:6月20, 21, 23, 25, 27, 29, 30日
7月2日
開演:20h 日曜日15h